CHECK

初めてでもすぐ理解できる!不動産売買における豆知識や成功させるためのポイントなどを紹介!

このサイトでは初めて不動産売買を検討している方を読者層に想定し、役立つ知識を各種御紹介しています。相続した実家など不動産の処分を検討する機会は誰でも直面する可能性があります。売買を円滑に進捗させるには不動産会社の利用は必須です。どの業者に依頼しても同じ結果というわけではなく信頼できる業者であることが大事です。 不動産会社に依頼すると仲介手数料を支払うことになりますが、それ以外にも名義を変更したり保険料など経費も嵩みます。

初めてでもすぐ理解できる!不動産売買における豆知識や成功させるためのポイントなどを紹介!

不動産売買では不動産会社を利用するのが一般的です。
売買契約が成立すると仲介手数料という成功報酬を支払うことになります。
これが不動産会社の収益源になりますが、数百から数千万円以上の売買価格になることを踏まえるとかなりの報酬を支払っていることが理解できます。
不動産売買では動く現金が巨額で、決済日までに完了するべき行政上の手続きやライフラインの名義かえなど付随した手続きの処理に追われることになることもふまえると、相応の対価と評価できるかもしれません。

不動産売買はインフレーション下でも活況

アパートやマンション、戸建て住宅などは住むために購入する人は多いでしょうが、他にも利用の選択肢があります。
たとえば、購入した物を高く売って儲けを出す不動産売買も検討すべきです。
不動産売買ということで一度の取引で動く金額は数百万円や数千万円など大きくなるものの、得られる利益もまとまった金額になります。
ただ、何となくお得だからという理由で取得するのはリスクが高いので、しっかりと検討したうえで判断することが重要です。
インフレーション時で不動産の価格が上昇する局面だったとしても、売買で儲けられます。
通常時よりも高い金額なので取得するための資金は多くなりますが、より高い金額で契約できるチャンスがあるため、良い物件を見つけた場合は早めに判断することが大切です。
しかし、インフレーションの状況がこれからのずっと続くわけではありません。
物価の価格が下がる時期は必ず訪れるので、いつまでに手放すべきかという時期もきちんと決めておくべきです。

少子高齢化の日本における不動産売買

近年、日本においては少子高齢化が進み、社会のあらゆるところに影響が出始めいますが、それは不動産売買の世界でも例外ではありません。
まず人気のある不動産が変化しており、一昔前は一戸建てが人気で、地方の郊外であっても建築すればすぐに買い手が付くほどの人気でした。
ところが少子高齢化によって、郊外の不動産よりも都心または都会への公共交通機関でのアクセスのよい駅周辺等に人気が集中するようになり、その結果、不動産売買においても、資産価値の二極化とも呼べる状況が起こっています。
過疎化が進んでいる地域では、不動産の資産価値が著しく低下しており、宅地であっても、売却するのに買い手がなかなかみつからず。
見つかったとしても売買代金が数百万円どころか、数十万となるケースが続出し、さらに、地方の田畑等の農地や山林にいたってはただ同然で売買されるケースが増えてきています。
その一方、都心にあるタワーマンションなどの不動産については人気が集中しているため、中古であっても新築時の値段より高額で取引されています。

不動産売買が資産運用において注目されている

近年、投資(株や投資信託、不動産売買など)に注目が集まっています。
不動産売買が資産運用において注目されている理由は以下のようなものが挙げられます。
まず初めに、安定した現金収入が見込めるという点が挙げられます。
不動産投資は、家賃収入が定期的に得られるため安定した現金収入が期待できます。
また、不動産市場が好調であれば物件の価値も上昇することがあり、キャピタルゲインも得られる場合があります。
続いて、長期的な投資に適しているという点があげられます。
不動産投資は長期的な視点で見た場合、安定した収益を得ることができるため資産運用に適しています。
不動産投資には、一時的な価格変動や景気変動の影響を受けにくいという特徴があります。
そして最後になりますが、通貨価値の低下に強いう点も注目されている理由になります。
不動産投資は、通貨価値の低下に強いとされています。
通貨価値が低下すると、物価が上昇するため不動産の価値も上昇することがあります

リモートワークの影響で地方山間部の不動産売買が増加

リモートワークが拡大していることにより、地方の格安物件に住む人が増えているということを知っていますか。
その影響で地方山間部の不動産売買が増加している傾向です。
リモートワークが理由で不動産売買を行うのであれば、間取りにこだわって選ぶようにしましょう。
また出社する日数があまり多くないのであれば、駅から近い物件を探す必要もありません。
その分部屋数にこだわることが大切です。
リモートワークは自宅で行うことになるので、部屋数が少ないとオンとオフの切り替えが難しくなってしまうからです。
普段の生活とは別の仕事のための1部屋を確保するようにしましょう。
地方山間部の物件を選ぶ際のポイントは、安くて良い物件を探すことです。
都心部に比べて地方は生活費などが安いです。
さらに田舎になるほど資産価値が見込めないので、もしもの時に売却しにくいという特徴もあります。
そのことを踏まえて、今払っている家賃より住宅ローンが安い物件を探すことが大切です。

不動産売買を成功させるポイント①リフォームやリノベーション

相続したものの空き家になっている家などを手放したい時、今の家が手狭になるなどしてもっと広い住宅に住みたくなった時など、不動産売買を考えることがあります。
不動産売買は買い物の中でも特に大きいため、慎重になる人や条件を色々持っている人もいるでしょう。
家を手放したい時は、リノベーションなどして綺麗にして不動産屋さんにお願いすると、買い手もみつかりやすくなるのではないでしょうか。
バリアフリーにしたり、間取りを少し変更して広めのリビングにリノベーションを行えば、ぐっと過ごしやすくなります。
また、買う方は古い家をそのままの状態で購入し、自分で綺麗にDIYするという手もあります。
手作りをすることで愛着もわきますし、購入価格が低ければ色々と冒険もできるというものです。
特に古い家は大きい梁や高い天井など、レトロモダンの要素がふんだんに盛り込まれています。
不動産売買は、自分の譲れない条件とてらしあわせて、わからない事はプロにどんどん質問するというのが成功のポイントの一つです。

不動産売買を成功させるポイント②ネット広告やポスティング広告

不動産売買を成功させたいのであれば、ネット広告やポスティング広告を活用するようにしましょう。
ネット広告には、自社ホームページに物件情報を掲載する方法と大手不動産情報サイトに物件情報を掲載する方法があります。
自社ホームページであれば無料で掲載できますが収穫効果は低く、大手不動産情報サイトだと費用がかかってしまいますが集客効果が高いという特徴があります。
オンラインと併用して行うのが有効なのが、ポスティング広告です。
ポスティング広告は戸建てや集合住宅など自由にターゲットを絞れ、潜在層にもアピールできるというメリットがあります。
チラシなのでネットのように画面を変えたらなくなることはなく、時間をかけて見てもらえるという点もメリットの一つです。
インターネットは普及していますが、年配の方などはネットを利用していない方も多いでしょう。
そのような方にも不動産売買の物件に興味を持ってもらうことができるのが、ポスティング広告です。

不動産売買を成功させるポイント③不動産業者のコネクション

生きていると不動産売買の必要に迫られることが有ります。
たとえば転勤や、単身赴任などですぐにでも今住んでいる不動産を売って引越ししなければならないケースも少なく有りません。
しかし不動産売買業者を間違って選択してしまうといつまでも物件が売れないと言ったことも珍しくありません。
不動産売買を成功させるにはその業者がどういったコネクションを持っているかも重要なポイントと成るのです。
例えば不動産オーナーとのコネが強いと、なかなか売れない物件を投資物件として買い取って貰えるチャンスが高くなります。
さらに遠隔地にも支店があり、幅広い顧客や販路を持っていると早期にその物件が売れることにつながるのです。
その為不動産売買を考えた場合には、こうした部分イモ着目し業者を選んで得行くことが大事です。
またその業者の歴史や実績、経験なども重視して選んで行く事も大事です。
実績や歴史が長いとそれだけ知己に根差し、今までたくさんの販売に従事したと言うことが言えるでしょう。

不動産売買を成功させるポイント④販売実績や成約率

不動産売買を成功させたいと考えているのであれば、販売実績や成約率をよく確認することが大切です。
まず最初に行うことは、不動産会社の直近の販売実績があるかどうかを確認することです。
もし一戸建てを売却したいのであれば中古の一戸建てを確認し、マンション売却なら中古マンションの売却実績がどれくらいあるのかを確認することがポイントになります。
直近の販売実績のある不動産業者であれば、顧客をすでに抱えていて売却ノウハウが構築されているというメリットがあります。
顧客をすでに抱えているのであれば、売却を開始してもすぐに内乱者が来てくれる可能性が高いです。
売却ノウハウが構築されていれば、そのエリアの資産価値や周辺の施設の利便性、最寄り駅までの利便性などをよく知っているので、営業トークで成約率が上がりやすくなります。
不動産売買をする会社を選ぶ際には、このような点を注意して選ぶようにしましょう。

不動産売買を成功させるポイント⑤専任専属媒介

不動産売買とりわけ売却を早期にしかも納得できる価格で成功させるためには、仲介を依頼する不動産会社との媒介契約を専属契約にすることがポイントです。
実は媒介には①一般媒介②専任媒介③専属専任契約の3種類があります。
①は何社でも不動産会社に媒介を依頼できるうえ、自分でも買主を探すことが出来、②は不動産会社は1社にしか依頼できませんが、自分で買主も探すことが出来、③は1社にしか依頼できず、売主が買主を探し出してきても不動産会社を通さないと不動産売買できません。
契約を結ぶ上で①及び②の形式をとることはあまりお勧めできません。
何故なら不動産会社が積極的に営業活動しても、他社や売主に買主を見つけられてしまえば、無報酬となりそれまでかけた広告費等が回収できないため、業者によっては積極的に売却活動をしないといった行動をとるところも出てくるでしょう。
一方③なら売主が自ら買主を見つけてきても報酬が入るため、積極的な売却行動を業者に促すことが出来ます。

不動産売買に関する情報サイト
不動産売買のススメ

このサイトでは初めて不動産売買を検討している方を読者層に想定し、役立つ知識を各種御紹介しています。相続した実家など不動産の処分を検討する機会は誰でも直面する可能性があります。売買を円滑に進捗させるには不動産会社の利用は必須です。どの業者に依頼しても同じ結果というわけではなく信頼できる業者であることが大事です。 不動産会社に依頼すると仲介手数料を支払うことになりますが、それ以外にも名義を変更したり保険料など経費も嵩みます。

Search